ちょっとした心がけで小顔に

小顔になる方法として、普段のちょっとした心がけが重要となります。
写真に写るモデルや、絵画などの構図を意識してみるとわかるのですが、人には魅力的に、そして小顔に見える立ち位置、ポーズというものがあるのです。
普段からできるだけ、小顔になる方法でポージングする癖をつけることで、小顔に見せることができるのです。
ちょっとした心がけで小顔になる方法を身につけて、小顔になりましょう。
そのために、普段から意識して、小顔に見せる方法を知っておくことが大切です。

スポンサーリンク
kogao-smileレクタングル大

正面からの顔を見せない

小顔に見せるために、気をつける必要があるのは、正面からの顔を見せないということです。
なぜなら、正面から顔を見せてしまうと、どんなに顔が小さめの人でも顔の存在感が大きくて、いくら小顔になる方法を試して実践していても、大顔に見えてしまうおそれがあるからです。
正面からの顔を極力見せないことで、小顔になることができますから、ちょっとした心がけをすることで、周りから小顔だと認識されることができるのです。
正面からの顔を見せないことが小顔になる方法の一つとして、オススメです。

対面の角度は斜めの角度

人と向かい合う時に、小顔に見せるにはどうすればよいか、考えます。
対面するときには、できるだけ、若干斜めの角度をキープすることが重要で、これは絵画の世界などでモナリザなど有名な作品にも用いられている構図です。
これを応用して、若干斜めの角度でいることで小顔に見せることができるのです。
対面の角度が斜めであれば、正面から向きあった時よりも小顔に見せることができ、誰でも簡単にできる小顔になる方法として、非常に有効です。

スポンサーリンク
kogao-smileレクタングル大
kogao-smileレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする